シン・AGITOのEXP

アニメ・ゲーム・音楽・映画を通して情報共有をするブログです。

【スポンサー検索】

MENU 【スポンサーリンク】

5年分の癒しを得た映画 リゼロ Memory Snow(ネタバレ少しあり)

みなさん、こんにちは!シン・AGITOです。

最近、日中でも肌寒い日が多くなってきましたね。朝、布団から出るのがしんどいです。なにか良い解決方法があれば、教えてください(笑)

さて、今回は1週間ほど前に見に行った「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」について書いていこうと思います。

 

僕が待っていたリゼロがそこに!!!

僕はリゼロはアニメ放送中に毎週見ていたため、かなり久しぶりのアニメリゼロでした。原作を読んでいる友人と一緒に行ったのですが、僕は原作を何1つ知らなかったため、今回の映画がどこの時間軸なのか僕だけわからない状態で見に行きました。

僕のイメージなんですが...

リゼロは可愛いキャラは出てくるけどシナリオが残酷。

こんな感じです。アニメを見た人ならわかってくれると思います。なんでこんな酷いことできるんだよ!!もっといい選択があっただろ!!!とアニメの後半はいつも叫んでいました。

ところが、今回の映画は叫びたくなるベクトルが以前とは別方向になりました。

よし!!!いいぞ!!!もっとやれ!!!よくやったスバル!!!と終始、心の中で叫んでましたね。

これだ!これが俺の求めていたリゼロの癒しなんだ!!!と確信しました。

 

女性キャラの描き方

今回の映画で癒しを得たユーザーは多くいると思います。僕もその一人です。

この癒しの要因は多くの人が気づいていると思うのですが、「女性キャラの描き方」だと思います。TV版の時にも可愛さはありましたが、その裏側にはいつも影が見えて素直に癒されることは少なかったと思います。喜びの後には必ずと言っていいほど、最悪が待ち受けているシナリオだったので、今回の映画も前半は警戒していました。しかし、警戒する必要はない。とキャラの描き方・見せ方で感じ取りました。その感覚の通り、1つも絶望のない、女性キャラが生き生きとその瞬間を楽しんでいる姿が映画のすべてのシーンで描かれていました。

 

劇場版後の発展

映画終了後、謎の告知が始まりました。謎の映像に映し出されたのは、リゼロの主人公「スバル」。その背後には、異世界転生系のアニメのシーンがうっすらと流れていました。その後、「異世界カルテット」という題名が出てた...

何が始まるというんや?!!!

と困惑しましたが、新しいコラボ作品の紹介みたいでしたね。テレビ放送なのか、劇場版なのか僕はまだ知りませんが期待大ですね。なんといっても、僕の大好きな「このすば」が入っているのです。あの世界観が、オーバーロードや幼女戦記と組み合わせることができるのか、不安しかありません。(笑)

他には、映画公開後に「リゼロ」は続報として、劇場版OVAの第2弾発表もありましたね。エミリアがなぜ、あの屋敷に来たのかがわかる映画らしいです。原作勢に聞くと、絶対にいい映画になると期待していたので、何も知らない僕も期待しています。

まだまだ、終わることのない「リゼロ」コンテンツに期待しながら、他の「異世界転生モノ」にも期待して、良きアニメライフを送りたいと思います。

 

今回はこれぐらいで...また明日

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】